« キシラデコールも水性の時代に | トップページ | 金環日食撮れました(速報) »

ウッドデッキにスロープ・・・水平部分の下地完了

 根太組みを完了した3組の下地を組み立てます。既存のデッキ側は元の根太の位置に合わせるだけなので簡単。手前側は2×6の鼻板に固定します。
20120507_dsc1560
 左側の平板がねじれているのは、すぐ近くにある木の根を避けた結果です。その奥も平板の予定でしたが、根が邪魔で入らなかったため、レンガを使いました。
 続いてもう一枚。別の角度から。
20120507_dsc1563
 ところで水平ブレースは少しでもビスが緩むと効果がありません。こういうところに使うコーススレッドは、半ネジではなく全ネジを使っています。
 全ネジはねじ込むときの抵抗が大きいので強力なインパクトドライバが必要ですが、緩むことがほとんどないのでデッキ全体の強度が増します。根太を柱や束に固定するときも、1本目は半ネジでふたつの部材をお互いに引きつけておき、2本目、3本目は全ネジで固定するなど、適材適所で使い分けています。
20120507_dsc1568
 ところが75mmの全ネジはホームセンターでもあまり扱っていません。私はジョイフル本田に注文して6箱入りのケースを取り寄せました。また、2×材の先端付近で使用するときは、下穴を先にあけないと木材が割れることもあるので1長1短ではありますが、一家に一箱あると重宝すると思います。
 次の写真は柱の足元付近。デッキ材を受けるだけならこんなにたくさんのビスは不要ですが、柱(&フェンス)は時として人の全体重を支えることになるため、足元をしっかり止めつけるためにこれだけのビスを打込んでいます。
20120507_dsc1575
 柱の足元はこの写真に加え、垂直ブレースを入れたのですが、雷雨で写真は撮れていません。柱の右手前方向の強度を増すためです。 
20120507_dsc1584
 最後にもう一度全体の写真です。水平ブレースは作るのが面倒なのですが、無駄になりそうな端材をうまく利用できれば1本1本の寸法はバラバラでもかまわないと思います。  
20120507_dsc1577
 GWは天候が今ひとつだったのであまり進みませんでしたが、休憩がてら進められたので体力的には楽でした。
*****

●15年前にデッキを作った時から大きく変わったことは・・・
・体力ががた落ちになったこと
・逆に電動工具は増えたので効率が上がった
・キシラデコールが油性から水性になった

●今も15年前と変わらないこと
・麦わら帽子とタオルを首に巻いた出で立ち
・作る楽しさ♪

 でした。この次はスロープ部分を作ります。

*****

 このスロープが完成し、HPに掲載しました。こちら↓をご覧ください。

http://homepage3.nifty.com/sh-kobo/diy/wooddeck/wooddeck.htm

|

« キシラデコールも水性の時代に | トップページ | 金環日食撮れました(速報) »