« アルミ三脚にウレタングリップpart2 | トップページ

車止めを作りました

 タイヤ交換の時に使う車止めは、折りたたみ式で金属製のものを使っていましたが、車に積んでおくわけでもないので、大きくて扱いやすいものを作りました。
20130205img_0178
 使った材料は集成材です。半端があったので斜めに切り落として、それにノブ付きのボルトをつけて完成です。
 左の黒い方はキシラデコールを塗った後。右はこれから塗ります。

20130205img_0077_2
 ボルトを受けるメスねじには鬼目ナットを使いました。鬼目ナットは外側が鬼の金棒のような形状で、下穴をあけておいてからねじ込むだけです。内側はメスねじになっていて、これにボルトをねじ込んで使います。このナットの内径は6mmです。
 これでまっすぐ引っ張っても抜けることはありませんが、木材がやせてきたときの安全対策として接着剤を少しつけてからねじ込みました。

20130205img_0181
 ノブのほうは、ネジと一体になっているものやボルトを差し込んで組み立てる方式のものなど、手持ちのものを使って合計4個作りました。
 最低2個あればタイヤ交換はできますが、やや背が低いことやどうせ余っている材料だったので4個作ってみました。

20130205img_0184

 これに使った木材は屋内用で、ひび割れなどが早く出そうな気もしたので、だめになったらすぐ新しいものに交換するつもりです。

|

« アルミ三脚にウレタングリップpart2 | トップページ